AGA・薄毛治療の手遅れとはどんな状態なのかをズバリ解説!

MENU
AGA・薄毛治療の手遅れとはどんな状態なのかをズバリ解説!

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

AGA・薄毛治療の手遅れとはどんな状態なのかをズバリ解説!

男性にとって薄毛の発症はとても辛いもの。特に若くして頭髪を失うと外見も大きく様変わりしてしまい、引っ込み思案になったり、自信喪失につながるケースも少なくありません。

 

その原因として注目を集めるのがAGAという病気です。男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応しDHTという物質を分泌。

 

これを毛乳頭の機能が感知することで毛母細胞の細胞分裂が止まり、頭髪の成長サイクルが大きく乱れてしまうのです。

 

これが初期の症状であれば飲み薬や塗り薬などで改善の見込みがあります。

 

しかし、AGAの状態が悪化し、薄毛が常態化してしまうと頭髪は退行期から休止期へと移行し、毛母細胞の活動も完全にストップしてしまいます。

 

こうなると毛乳頭や毛母細胞を含む毛包と呼ばれる部分がだんだんと縮小していき、最終的には消滅。

 

こう言った状態になるともはやどれだけAGA治療や薄毛治療を行っても頭髪を生み出す根本的な部分が存在しないことになりますので、発毛は不可能となってしまいます。あとは植毛などの手段に頼らざるをえないでしょう。

 

このようにならないためにも、AGAを始めとする薄毛治療は毛母細胞が活動しているうちに何らかの手を打つことが何よりも大切と言えるのです。

 

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑