薄毛と睡眠の関連性|寝ない日が続くとハゲてしまうのか?

MENU
薄毛と睡眠の関連性|寝ない日が続くとハゲてしまうのか?

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

薄毛と睡眠の関連性

薄毛と睡眠の関連性|寝ない日が続くとハゲてしまうのか?

髪の毛は常にホコリや紫外線、乾燥などでダメージが加えられています。
それを放置すれば、キューティクルが剥がれて細く抜けやすい髪の毛になるので、ボリュームが無くなって薄毛が促進します。

 

髪の毛のダメージを修復するのは睡眠です。

 

また睡眠は翌日も活発に生活できるようにエネルギーを蓄える働きがあります。

 

睡眠時間が短いと体はエネルギーを足りないと危機感を持つので、脳や内臓など命を維持するのに重要な部分にたくさんの栄養を送るので、髪の毛が必要とする栄養素が十分に供給されません。

 

毛母細胞が髪の毛を作るために細胞分裂をすることも低下するため、新しく生える髪の毛が細くなったりなかなか生えてこなかったりします。

 

髪の毛はほとんどがタンパク質でできているので、タンパク質の合成を促進する成長ホルモンがたくさん分泌されれば、薄毛も解消します。

 

成長ホルモンの分泌量が最も多くなるのは夜10時〜深夜2時です。

 

この4時間にぐっすりと眠っていれば、髪の毛のダメージは回復して、新たに髪の毛を作ろうと毛母細胞が活性化します。

 

睡眠時間が毎日違うと、自律神経のバランスが崩れるので成長ホルモンの分泌が低下します。

 

夜10時に寝て朝は同じ時間に起きることも大切です。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑