薄毛とストレスの関連性

MENU
薄毛とストレスの関連性

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

薄毛とストレスの関連性

薄毛とストレスの関連性

 

ストレスを溜め込んでいる人は薄毛に注意しなければなりません。人間にとって過度のストレスは体に悪影響を与えます。

 

ストレスを感じると、それに対応するために交感神経が活性化します。

 

交感神経には血管を収縮させる作用があるので、慢性的なストレスは全身の血行不良を引き起こします。

 

血液には体を構成するのに使われる栄養素が含まれていますが、血行不良になれば頭皮へ供給されるはずの栄養素が送られないので薄毛が進行します。

 

またストレスを強く感じると、暴飲暴食をしたり寝つきが悪くなったりします。これらは全て薄毛の原因となる生活習慣です。

 

さらにストレスが溜まっている人の体内では、アドレナリンが過剰に分泌されています。アドレナリンは活性酸素を増やす作用があります。

 

活性酸素は体の様々な部分に酸化をもたらす物質です。

 

頭皮の毛穴が酸化すると炎症が起こって毛根はダメージを受けます。毛根が弱ると髪の毛が抜けたり細くなったりします。

 

薬による薄毛治療を受けていても、効果がそれほど出ない場合はストレスが薄毛を促進している可能性があるので、運動など健康にも配慮した自分の好きなことをして上手く発散するようにすれば、治療の効果が出やすいです。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑