agaの治療薬を個人輸入することは危険である理由。

MENU
agaの治療薬を個人輸入することは危険である理由。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

agaの治療薬を個人輸入することは危険である理由。

agaの治療薬を個人輸入することは危険である理由。

 

薄毛治療は主に治療薬を使用して行いますが、即効性がなく飲み続けることが重要なため、毎日のように使用する薬を購入するのも費用がかかってしまいます。
病院で処方してもらうと、1ヶ月で少なくとも4,000〜6,000円はかかるため、少しでも安くするために個人輸入を利用する人も少なくないようです。

 

特に個人輸入で流通しているのは新薬ばかりでなく、同じ成分を配合したジェネリック医薬品もあるため、かなりの安値で購入することができます。
しかし、個人輸入で購入できる医薬品が常に安全であるとは言いがたく、特に薄毛治療の薬は人気が高いことから偽薬を売りつけるなどの悪徳業者も多く存在しているのが実状です。
偽薬はほとんどが見た目を似せただけのビタミン剤のようなものばかりですが、時として身体に有害となるような成分を混ぜていたりするため、健康被害を受ける可能性も十分にあり得ます。

 

個人輸入では処方箋が不要という利便性がある反面、医者の保証となるべき処方箋がないことから、購入して何らかの問題が起こっても全てが自己責任になるというデメリットを抱えているのです。
そのため、健康被害があっても誰も責任をとってくれず、自分の身体を使って試験するようなものなので、副作用やその他の被害に不安があれば病院で処方してもらうのが最も安全な方法となります。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑