AGA治療で髪が生えるまでの期間

MENU
AGA治療で髪が生えるまでの期間

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

AGA治療で髪が生えるまでの期間

AGA治療で髪が生えるまでの期間

 

AGA治療では主に、投薬によって症状を改善させる方法をとっています。
使用する治療薬は男性ホルモンの働きを抑える作用があるので、原因となるホルモンが抑制されることで毛髪が成長しやすくなり、抜け落ちた毛根から再び髪の毛が生えてくるようになります。
この効果は意外とすぐに発揮され、服用から1ヶ月ほどで必ずと言って良いほど初期脱毛が起こります。

 

多くの頭髪が抜けるので、副作用によって抜けているのだと勘違いする人もいますが、次の髪の毛を作るための下準備となるので、この時点で驚いて止めるようなことはせず継続していくことが大切です。
髪の毛は1ヶ月ほどで新たなものが生え出してきますが、あまりに細く短いので触ってもほとんど気づくことはありません。

 

服用から3ヶ月もすると毛髪も成長してきて産毛の状態となり、触れば何らかの感触が実感でき、さらに鏡で見ても頭髪が伸びてきているのが見て取れます。

 

6ヶ月もすると産毛となっていた毛髪も成長し、黒々とコシやハリが出てくるようになります。

 

この時点でかなりの成長が認められており、満足した患者の多くが投薬治療を終了または減薬して運動療法などに切り替えていくようになります。

 

治療薬は初期には効果的に働くのですが、ある程度の髪の毛が生え揃うと、その後は緩やかな効果しか生まないため、副作用のリスクを鑑みて中止することが推奨されています。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑