agaの抜け毛の特徴、M型O型MO型について説明します。

MENU
agaの抜け毛の特徴、M型O型MO型について説明します。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

agaの抜け毛の特徴 M型O型MO型など

AGAは人によって症状が様々で、毛髪が抜けるというだけでなく、どの部分が抜けていくのかにも特徴があります。
AGA治療現場で良く言われるのがM型やO型、さらに混合したMO型というものです。

 

基本的にAGAは頭部の男性ホルモンの影響によって髪の毛が抜けていくのですが、原因となる男性ホルモンは頭頂部か前髪の生え際となる前頭部にしか存在していません。
側頭部や後頭部にはほとんど影響が見られないため、いくら症状が進行しても毛髪は残っています。

 

まずM型というのは予想できる人も多いかもしれませんが、前髪の生え際が両端から徐々に後退していく症状で、鏡で自分の生え際を見るとM字に見えることからそう呼ばれています。

 

AGAにおいて最も多い症状であり、治療薬の恩恵が受けにくい部位とも言われているため、髪の毛が再び生えてくるまで根気良く治療をする必要があります。対するO型は頭頂部にあらわれる症状で、つむじを中心にして円形に広がっていくことからそう呼ばれています。

 

こちらはM型よりも治療の効果が出やすく、正しい処置を行えば6ヶ月ほどで十分な効果を実感できると言われています。AGAはどちらか一方だけでなく両方が同時に進行することもあり、この状態をMO型と呼び、年代が上がるほどこの症状が多く見られます。同時に薄くなっていくので誰でも分かりやすく、頭皮が目立つのが特徴です。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑