30歳代のaga治療方針について

MENU
30歳代のaga治療方針について

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑

30歳代のaga治療方針について

男性で深刻な抜け毛や薄毛に悩んでいる場合は、男性型脱毛症(AGA)を発症している可能性が高いです。

 

30歳代の男性の場合はまだそれほど深刻な薄毛になっていないケースも多いので、病院で適切なAGA治療をしてもらえば薄毛が改善する可能性が高くなります。

 

病院ではプロペシアやミノキシジルのようなAGAに効果のある薬で治療を行っていきます。

 

特にプロペシアはミノキシジルに比べて副作用などのリスクが比較的少ないため処方されることが多いです。
薄毛に悩んでいる人の中には、プロペシアを個人輸入して自己判断で服用している人もいますが、副作用などのリスクに備えて医師の監督下で服用することが大切です。

 

プロペシアを服用することで、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を産生する5αリダクターゼの生成を疎外することができます。

 

服用を続けてDHTを減らしていけば毛髪のヘアサイクルが正常に戻っていくので、抜け毛が次第に目立たなくなります。

 

病院によるAGA治療は、育毛剤などの他の方法に比べて男性の薄毛の改善にとても効果的です。

 

早期に治療を開始すればそれだけAGAが改善する可能性が高くなるので、抜け毛が気になった場合は早めに病院で医師の診察を受けてみることをおすすめします。

大阪梅田のAGAクリニック全26院の費用を比較

↑ボタンをタップして詳細を確認する↑